オシャレにスペースを有効活用「HERCULES( ハーキュレス)」壁掛け ギターハンガー

こんにちはノッポです。

最近念願の新居を建てて引っ越してきたのを機に、自分のギターの練習スペースもいい感じにしたくて色々考えていたら、「やっぱりギターは壁掛けだな」と思い色々調べて「HERCULES( ハーキュレス)」のギターハンガーを購入したのでレビューしていきたいと思います。

ギターを壁掛けにするメリット・デメリット

【メリット】壁に掛けることで練習スペースが広くなり快適空間に!

ギターハンガーを設置する前は床にギタースタンドを置いて保管していたので、場所を取っていました。

そして奥さんが掃除機をかける時に、いつも邪魔だと言われていました(泣)

しかし壁掛けにしてからはスペースを広く取れるようになったので、物を置けるスペースが増えてギターをどかさなくても掃除機をかけられるようになりました。(エフェクター類はその都度片付けます笑)

【メリット】楽器屋さんみたいにオシャレになる

なんと言っても壁掛けにすると部屋の雰囲気がグッと良くなります✨

ギタースタンドに立て掛けるよりもっとギターを主張してくれるので、自慢のギターがある方には是非おすすめです!!

【デメリット】壁に穴が空く

施工方法にもよりますが、僕は壁に穴を開けて取り付けました。

天井とフローリングにつっかえ棒をして、間の金網に取り付けるという壁に穴を開けない方法だと個人的に見た目が気に入らなかったので、直接壁に打ち込みました!

見た目はスッキリして良いのですが、新築に穴を開けるという緊張がありました笑

「HERCULES( ハーキュレス)」の落下防止ストッパー!!

ギターを掛けると、ギターの重みでストッパーがかかり地震なんかの時も安心の機能!

また付属している筒状のプラスチックを取り付けることによりネックの細いギターにも対応できるようになっています。

僕のギターはテレキャスターなのですが、ネックの形状的に大きく左に傾いてしまうので右にだけ付属のプラスチックを入れて傾きを軽減させています。

木のベースプレートがオシャレ!

ギターハンガーも色んな種類があって色々迷ったんですが、「HERCULES( ハーキュレス)」のギターハンガーを選んだ大きな理由は…

木のベースプレートがかわいくて家の雰囲気にピッタリだったから!

1,000円以下の安いのも沢山あったのですが、そんなに頻繁に変えるものでもないし、目立つ物なので2,000円しますが奮発しました!

最後に…

今回新たに「HERCULES( ハーキュレス)」のギターハンガーを取り付けてみましたが…

良いですね!ギターが壁にかかっていると見た目もオシャレだし、スペースも足元がスッキリしていい感じに収納できます。

耐久性はこれから使用していかないとわかりませんが、今のところ快適に使えています。

自慢のギターを飾りたい方や、ギターの収納に困っている方にオススメですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA