ピザストーンで本格ピザができる!「DeLonghi(デロンギ)」オーブン&トースター

こんにちはノッポです。

今まで我が家はキッチンが狭くてオーブントースターが置けずにいて、パンを焼くときは魚を焼くグリルで焼くなど、大変不便な思いをしてきました。

しかし今回念願の新築に引っ越したということでキッチンも広くなりオーブントースターを導入することとなりました!

そして購入するオーブントースターは奥さんの強い要望により「DeLonghi(デロンギ)」ディスティンタ・ペルラ コレクション の色はピンクに決定しました!

理由の一番は見た目がレトロでかわいいということだったのですが、ピザストーンが付属していたりと使い勝手もなかなか良かったのでレビューしていきたいと思います。

仕様

【本体サイズ】
(高さ×幅×奥行)220X435X345mm
【庫内寸法】
(高さ×幅×奥行)115×265×245mm(上下ヒーター間)
【本体重量】
5.2kg
【電源コード長】
2m
【トースター枚数】
4枚
【加熱方式】
電熱式
【火力切換機能】
120℃~220℃
【タイマー】
45分
【消費電力】
1200W
【消費電力】
1000W以上
【付属品】
トレイ1枚、ワイヤーラック1枚、オイルプレート1枚、くず受け1枚、ピザストーン(角型)1枚、グリップ1本

食パンが4枚入る大きさ

食パンが4枚入る大きさなので、子供がいる家庭の方は朝の時短になって助かる仕様になってます。

うちの娘はまだ食パンを一枚食べれる年じゃないのですが、僕が朝ごはんでパン一枚じゃ足らないので、奥さんの分を合わせて3枚焼けるこの大きさはありがたいです!

またこの大きさだからこそ、ちょうどいい大きさの丸型のピザが焼けるのでデロンギの魅力でもあります。

豊富な付属品

余分な油を落として焼けるオイルプレートなど、オーブン料理をする時に助かるアイテムが付属!

しかし僕が一番楽しみにしていたのは…

「ピザストーン」!!

これがあればピザを焼く時に余分な水分をこのピザストーンが吸収してくれてパリパリのピザが楽しめるという優れもの!

我が家は冬は薪ストーブを導入予定なので、冬はそっちでピザ、夏はこっちでピザ(どんだけピザ焼くんだよ笑)

さっそく作ってみるので近々レビューしてみたいと思います。

【デメリット】扉を開けてもいっしょに網が手前に出て来ない!

僕が一番残念だったのがこの機能が無いことでした。

昔実家にいる時に使っていたオーブントースターは扉を開けると、自動的に網も前に出てきてくれて食パンなんかも取りやすかったのに、デロンギちゃんは奥に引っ込んだまま(泣)

取り出す際は上の画像のように付属の取手で手前に引き出してから取り出しています!

そんな不便を考慮しても見た目が可愛いからいいけど(笑)

トースターとしてはちょっと時間がかかる

パンを実際に焼いてみて思ったんですが…

焼けるまでが遅いと感じました。

トースターがメインというよりも、オーブンの機能が優れているという印象です。

最後に

取り出す時に網が手前に出てこなかったり、パンが焼けるのが遅かったりとややじゃじゃ馬感はありますが、ピザをピザストーンで焼いたらめちゃくちゃ美味しくできました!!

そしてオーブンとしては優秀なのでいろいろな料理にも活用できそうです!!

またデロンギのHPでもいろいろな料理を紹介しているので挑戦していきたいと思います!(デロンギレシピ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA