Coleman スクリーンIGシェード

コールマン スクリーンIGシェード使ってみたレビュー!

こんにちはノッポです(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)

夏ももう終わりなのに日差しが強い日が続きますねーΣ(-᷅_-᷄๑)

以前僕はバーベキューをする時は簡単に設置できるポップアップテントを使っていたのですが、設置は簡単なのですが折りたたんで収納する時がとても窮屈で(僕のやり方に問題があるかも)しかも3、4回使ったらヨレヨレになってまっすぐ立たなくなってしまいました。(ホームセンターで買った安物ですが)

そこで今年の夏はワンタッチ式のポップアップテントほど設置は早くないですが、2本の骨組みを通してペグを打ち込むだけでできるコールマンのスクリーンIGシェードという簡易テントを購入しました!

  • 使用時サイズ:約210×180 ×120(h)cm
  • 収納時サイズ:約φ15×60cm
  • 重量:約3kg

収納時のサイズは約φ15×60cmで重さも約3キロ程なので車の荷物としては場所も取らないサイズで、手に持って運ぶのも苦にならない感じでした✨

中に入っているのはこんな感じ(‘ω’)

本体
ペグ
骨組

ペグを打ち込むハンマーは別売りになるので用意しなくちゃいけませんΣ(-᷅_-᷄๑)

まず2本の骨組みのジョイントを繋ぎ合わせます!中に紐が通っているのでバラバラにならないでいーですね✨

本体を広げて2本の骨組みを下の骨組みを通す穴から順番に通していきます。1人でもできましたが、2人でやった方がやりやすいですΣ(-᷅_-᷄๑)            

上からでも下からでもどちらからでも大丈夫です!

骨組みを通したら骨組の先の穴と本体の先に付いているピンをはめ込みます。

骨組2本を本体に通して2本ともぴんを止めたらもうテントの形になりました✨

あとは本体についているフックを骨組のジョイント部分に引っかければピンとテントが張って完成です✨

風の穏やかな日は付属のペグで十分ですが、風の強い日はもうちょっとペグを打ち込んで安定させたい感じですねーΣ(-᷅_-᷄๑)

中も4方向全て開け閉めができるようになっているので太陽の位置や風の向きに合わせて調節ができます!

中はクッション性は無いので、芝生や砂浜などはそのままでも大丈夫ですが、ちょっと硬い地面の上なら別売りの中敷を買った方が居心地がいいですよ(‘ω’)

僕はオシャレ(?)な敷物などを敷いたりして楽しんでます笑

今後の皆さんのアウトドアやレジャーに少しでも為になれば嬉しいです(*´-`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA