アップルパイ

食べきれないリンゴの美味しい食べ方!!たっぷりカスタードのアップルパイ!!

こんにちはノッポです٩( ᐛ )و

この度僕のお嫁さんの実家から大量にリンゴをいただきまして、友達に分けてもまだ余っていたので、このリンゴを使ってアップルパイを作ったので紹介します!!

材料

リンゴ2個
冷凍パイシート1袋(4枚入り)
卵黄3個
砂糖80g
牛乳400ml
薄力粉30g

リンゴを切って煮る

リンゴを0.5㎝の厚さにスライスしてフライパンでしんなりするまで煮詰めます。この時、甘いリンゴだったらリンゴの甘さだけで十分美味しいのですが、甘さが足りないリンゴだったら砂糖を加えて好みの甘さに調節します。

カスタードクリームを作る

卵黄と砂糖をボールに入れてよくかき混ぜます。そしてそこに薄力粉を入れてさらに白っぽくなるまでかき混ぜます。

牛乳を鍋に入れて沸騰直前まで温める。

温めた牛乳をさっき作った卵と砂糖のソースに加えよく混ぜる。

よくかき混ぜたカスタードクリームのもとを鍋に入れて弱火でかき混ぜながら火にかける。この時強火だとカスタードクリームが焦げたり、固まり過ぎたりするので気をつけましょう!

冷凍パイシートをめん棒で伸ばしパイの器に敷いていく

冷凍パイシート2枚を1㎝ほど重ね合わせてめん棒で伸ばしてなじませていきます。(ウチにはめん棒が無かったのでステンレスのコップで代用笑)

伸ばしてなじませたパイシートにパイの器を押し付けて型をとり器の底に敷きます。

型をとって余ったパイシートをめん棒で伸ばし包丁で1.5㎝幅に切り器の横に貼り付けます。

カスタードクリームとリンゴを盛り付ける

パイシートを敷いた器にカスタードクリームを塗り、その上から先ほど煮詰めたリンゴを重ねていきます。

残りのパイシートをカットして上から包む

残りの2枚のパイシートをそれぞれ縦に5等分にカットして上から網目状に包んでいきます。

飛び出してしまう端はうまく内側に織り込んで形を整えます

包み終わったら最後に焼きあがった時に見栄えがよくなるように卵黄を表面に塗りテカリをつけます。

オーブンで焼く

オーブンを予熱220℃に設定して、220℃になったらアップルパイを入れて18分間焼き上げる。

表面が良い感じに焼き色がついたら完成✨

お家でのデスクワークの休憩や3時のおやつにも丁度いいたっぷりカスタードのアップルパイ!!

是非お試しを✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA