「COLEMAN」ランタン バッテリーガード LED 600

サブランタンにちょうどいい「Coleman」ランタン バッテリーガード LED 600

こんにちはノッポです

僕が以前使っていたサブのLEDランタンは【ベアボーンズリビング】ビーコンライトLEDだったのですが、

前回海で夜釣りをしていた時に、誤って海に落としてしまい帰らぬ物となってしまいました(泣)

またベアボーンズを買い直すことも考えましたが、サブランタンに6.000円はちょっと高級品(思い出すとヘコむ(泣))

そこで!!ベアボーンズの半額で同じ以上の性能を持つ「COLEMAN」ランタン バッテリーガード LED 600を今回購入しましたので紹介します。

仕様

【本体サイズ】約直径10.0cm×20.8(h)cm
【重量】約490g
【材質】ABS樹脂、他
【明るさ】High 600ルーメン/Low 75ルーメン
【連続点灯時間】High 約30時間 / Low 約200時間
【照射距離】High約12m/Low約6m
【スイッチモード】Off / Low / High
【防水性能】IPX4 対応(全方向からの水しぶきに耐えられる)
【使用電源】アルカリ単1形乾電池X3本(非付属)

単一電池3本でHigh 約30時間 / Low 約200時間の持続力!

この「Coleman」のLEDランタンを使用するには「単一電池3本」が必要となります。

最近のLEDランタンは充電式のものが多く(ベアボーンズもそうだった(泣))電池を必要としないのでコスパが良くて電池のゴミも出ないので扱いやすかったですが、

充電が無くなると電源がないところでは使い物にならなくなるという欠点もありました。

この「Coleman」のLEDランタンなら別売りの単一電池3本あれば電気が点かなくなるという事態は避けられますが、単一電池3本分のコストがかかります。

また消灯中の過放電を防ぎ、電池を長持ちさせるバッテリーガードが付いているので電池の持ちもUP。

調光調節は「切」「LOW」「HI」の3段階

調光調節はシンプルに三段階調節になっています!

僕的にはこのシンプルな調節がとても良かったです!

細かく調節できても使うのはMAXで照らすか、節電のためにLOWにするかのどっちかなのでこの調節はとてもつかいやすかったです。

ちょっと分かりづらいですが、「HI」と「LOW」の比較…

「High」

「Low」

写真では違いが分かりづらいですが、「HI」は普通に明るいです!

テントサイト全体を照らすには足りないですが、料理を作ったり作業をこなすには十分な光を確保できます。

また「LOW」は手元を照らす程度の明るさなので、とくに使わない時はこの状態で放置が調子良さそうです。

まとめ

無くしてしまった「ベアボーンズ」のLEDランタンの代わりに購入したのですが、

めちゃ使えます!!!

明るさもちょうどいいし、電池だから充電のしわすれもないし!

ただ……

「ベアボーンズ」の方がカッコよかった(泣)

機能的にはむしろ「Coleman」のほうが使い勝手がいいですが、「ベアボーンズ」のほうが外見が気に入っていたので悔やまれます笑

コレ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA