「FIELDOOR」ロールテーブル 折りたたみ 木製 120cmレビュー

こんにちはノッポです٩( ᐛ )و

いつも我が家のキャンプでは食事の際「NEUTRAL OUTDOOR」のミニテーブルと「Coleman」のロール式折りたたみテーブルを使用していたのですが、テントを立てたり料理を作ったりと色々作業しているといつの間にかテーブルの上に物があふれかえってしまっていました笑

そこで今回は食事専用のテントのリビングにピッタリなサイズの「FIELDOOR」のロールテーブル 折りたたみ120cmを購入したのでレビューしたいと思います!

仕様

【ブランド】
フィールドア(FIELDOOR)
【サイズ】
使用時 : (約)120cm×70cm×45cm
折りたたみ時 : (約)82cm×25cm×12cm
【材質】
天然木(ブナ材)他
【重量】
(約)10.8kg
【耐荷重】
30kg
【付属品】
テーブル本体 / キャップ / 収納バッグ / 取扱説明書(日本語)

4人家族でも余裕あるスペースでゆったり食事できる!

使用時の大きさは横120cm×縦70cmなので4人で食事をする時にちょうどいい大きさです。友達の夫婦とよくキャンプに行くのですが、テントのリビングでくつろいでいたらとても快適でした。

また高さは地面から45cmとなっていて、ロースタイルのキャンプをする人向けになっています!

ロール式なので収納はめちゃコンパクト!

ロール式折りたたみテーブルの最大のメリットといえば、収納時のコンパクトさにあると思います!そして縦長なので車のラゲッジスペースの隙間に乗せやすくてキャンプ道具を整理しやすいです!

(ちょっとデメリット)重い!10kg

ネットで注文した時から重さはわかってはいたのですが、実際に商品が届いて持ってみると……「重い!」男の人なら大丈夫だと思いますが女の人にはなかなか大変な重さです💦重い分設置した時に安定感はありますが、設置は旦那さんがやってあげましょう笑

組み立て方

まずは土台の脚の部分を組み立てていきます

ケースに入っていた元の状態から両サイドの脚を左右に広げます。

さらに内側にあるテーブルを支える土台の部分も広げます。

1番最初に広げた脚の部分を真ん中の脚と同じ方向に回転させて…

脚の先に黒い滑り止めが付いている方を下に向けて立たせます。

その状態のまま土台の部分を左右に広げたらテーブルの脚の部分の完成です!

ロール式のテーブルの上部分の装着

ロールテーブルのはしの穴に脚に付いている突起部分をはめ込む

片方の穴と突起部分を装着したらそのままロールテーブルを伸ばしていきます

そうしたらもう片方の部分もはめ込むのですが、ここで…「長さが足りないっ!」ってなります。(僕はなりました笑)

ロールテーブルの裏で止めてあるのがゴム製になっているのでロールテーブルを引っ張ってもう片方の穴に装着していきましょう。

これで完成✨

だいたい1〜2分ぐらいで簡単に組み立てられました。僕の使っている「Coleman」のタフスクリーン2ルームハウスのリビングにちょうどいいサイズで大満足してます。

このテーブルがこれから我が家のキャンプの食卓になります✨家族で食事をする方や友人とキャンプで食卓を囲んで食事をしたい方にオススメです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA